過払い請求後にローンなど新規の借入を利用することは可能なの?

過払い請求後に新規借入できる?ローンを組める人と組めない人の違い

最近はテレビコマーシャルなどでも盛んに
過払い金返還請求について取り上げられていますので、気になっている人も多いと思います。

 

過払い金返還請求とは、消費者金融などに対して払い過ぎた利息を取り戻すことです。
しかし、もし自分にも過払い金が発生していた場合でも、
無条件で過払い金を取り戻すことができるの?と不安に思うこともあります。

 

例えば債務整理を行った場合は、その後一定期間新規の借入を利用することが出来なくなってしまいます。
一方、過払い請求後に関しては、基本的にそのようなデメリットを被ることはありません。
ただし、場合によっては信用情報にキズが付いてしまうこともありますので、制度を事前に確認しておくことが必要です。

 

信用情報はどうなる?

過払い請求後に新規借入できる?ローンを組める人と組めない人の違い

既に借金を完済している状況で過払い金返還請求を行った場合は、信用情報に事故情報が登録されることはありません。

 

しかし、ローンの返済中に過払い金返還請求を行った場合は、手続きの結果、
残債が残るか否かによって、過払い請求後に借入が利用出来るか否かが分かれます。

 

ローンの返済中に過払い金返還請求を行い、
過払い金を元本の返済に充当して借金を全て完済出来れば、
信用情報に事故情報が登録されることはありませんが、
もし元本に充当した結果、残債が残れば任意整理に該当しますので、事故情報が登録されてしまいます。

 

事故情報が登録されると5年間は借入を利用することが出来ません

 

キャッシングサービスで困った時に頼りになるのは!
一番金利の安くなるのは、無利息ローンサービスを展開しているプロミスを利用することです。
プロミスだったら最短即日融資サービスもATM全国設置No1と揃っているので便利にキャッシングできます!
(無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 プロミスだったら困った時に頼りになる!最短一時間融資!!
 平日14時過ぎてもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 土日祝でもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 30日間無利息サービスも実施中
 ※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。
 プロミスレディースも女性の方に人気があります!
 >>プロミスレディースキャッシングの詳細情報はコチラから!

プロミス


 

過払い請求後でも借入は可能?審査に影響する期間と注意点

過払い請求後に新規借入できる?ローンを組める人と組めない人の違い

昔は過払い金返還請求も債務整理の一種として考えられており、
過払い金返還請求をするとブラックリストに載ってしまうというデメリットがありました。
しかし現在では、そのデメリットはなくなっており、過払い請求後でも問題なく借入ができます。

 

過払い金とは、金融機関が利息制限法を超えた金利を設定していたことで発生した
「払いすぎたお金」のことです。
払いすぎたお金を返還してもらうように請求する権利は当然にあるので、
過払い金返還請求をすることにはなんのデメリットもありません。
しいて言うなら、弁護士費用がかかることや多少の手間と時間がかかることがデメリットです。

 

過払い金返還請求は金融事故ではないので、個人信用情報にブラック情報は記載されません
よって、過払い請求後すぐにでも金融機関から借入が可能です。

 

注意点

注意点としては、
過払い金の引き直し計算をした後で借金の残高が残っていた場合
残った借金をどうやって返済していくかを金融機関と交渉することになります。

 

この交渉は任意整理にあたるので、ブラックリストに載ってしまいます。
任意整理をしたあとブラックリストに載る期間は、およそ5年間です。

 

およそ5年間は金融機関の審査に通らないという大きなデメリットが発生するので、
過払い金の金額よりも借金の残高のほうが小さいことを確認してから過払い金返還請求を行いましょう

 

過払い請求後の借入やクレジットカードの利用方法について

過払い請求後に新規借入できる?ローンを組める人と組めない人の違い

過払い金返還請求を行いたいけれども、
過払い請求後に何らかのマイナスの影響があるのではないか
不安に思われている方も多いです。

 

もし、既に借金を完済している状況で過払い金返還請求を行ったとしても、
過払い金を取り戻せるといったプラスの影響が有るだけで、
不利になるようなマイナスの影響は一切ありません。

 

新規の借入を利用することは可能ですし、クレジットカードを作ることも出来ます
返還請求の手続きを行う前と、過払い請求後の借入やクレジットカードの利用方法が変化することはありません。

 

 

しかし、借金を返済中に過払い金返還請求を行う場合は注意が必要です。
もし、過払い請求後に債務が残った場合は、任意整理を行ったことになりますので、
信用情報機関の信用情報に事故情報が登録されてしまい、
新規の借入やクレジットカードの作成が出来なくなってしまいます。

 

金利の引き直しを行った結果、債務を全て完済することが出来れば、信用情報に事故情報が記録されることはありませんが、
債務が残った場合は利息は多く払っていたけれども、借金全体としては過払いが発生している訳ではありませんので、
債務整理の一つである任意整理として扱われてしまいます

 

過払い請求後に住宅ローンなど借入を利用することは可能なの?

過払い請求後に住宅ローンなどの借入を利用することに関しては、基本的には何ら問題はありません
過払い金とは本来支払う必要の無いお金ですので、消費者は何のデメリットも受けることなく過払い金を取り戻すことが出来ます
しかし、場合によっては、新規の借入が利用できないこともあります

 

どんなときに新規借り入れできない?

過払い請求後に新規借入できる?ローンを組める人と組めない人の違い

過払い請求後に新規の借入を利用出来るか否かと言うことは、
過払い金返還請求に該当するか、
もしくは任意整理に該当するか
によって分かれます。

 

借金を全て完済している状況で手続きを行えば問題なく過払い金返還請求として扱われますし、
もし借金の返済中に返還請求の手続きを行って、過払い金を元本の返済に充当した結果、
全ての債務が完済出来た場合も過払い金返還請求手続きとして扱われますので、
信用情報に事故情報が登録される心配はありません。
通常通りの利用方法で、住宅ローンなどを利用することが可能です。

 

しかし、借金の返済中に手続きを行った結果、払い過ぎた利息を元本の返済に充当したにも拘らず
債務が残ってしまった場合は、
債務整理の一つである任意整理として扱われますので、過払い請求後は新規の借入を利用することが出来なくなってしまいます。
このケースでは、利息は多く払っていたけれども、借金全体に関しては過払いが発生している訳ではありませんので、
任意整理になってしまいます。

過払い請求後の借入については体験談が参考になった!

過払い請求後に新規借入できる?ローンを組める人と組めない人の違い

すでに完済している借金に関する過払い請求によって、
ネガティブな情報が信用情報機関に掲載されないように配慮されるようになりました。

 

過払い請求後、新たな借入を行う場合にも、そういったことが影響されないようになったと考えられますが、
それは信用情報機関においてのことだけです。
自社の保有している情報の中で「過払い請求後の申込である」と言うことがわかれば、
審査を通過させない業者あってもおかしくありません。

 

審査内容は法律に則ったものと、業者個々の裁量によるものがあります。
「過払い請求後の人物には貸付を行わない」と社内で取り決めていたとしても、それをとがめることはできません。

 

自社情報は何年経過しても手放さないものですし、近頃ではどの業者とどの業者が情報を共有しているのか、
あまりに合併や提携が多すぎてわかりません。

 

こういった情報は、実際に体験した人の体験談が大変参考になります。
たとえばどこの会社に対して過払い請求を行い、どこに申し込んで断られたかなど、
詳細に明かしている体験談も多いものです。
また請求を行って業者でも、再び改めて申し込んだ時に審査に通過したという経験を持つ人もいます。
それらを参考にした上で、過払い請求を行うのも良いでしょう。

 

キャッシングサービスで困った時に頼りになるのは!
一番金利の安くなるのは、無利息ローンサービスを展開しているプロミスを利用することです。
プロミスだったら最短即日融資サービスもATM全国設置No1と揃っているので便利にキャッシングできます!
(無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
[プロミス]

プロミス

大手消費者金融の中でも最短即日融資や振込キャッシングなど
サービスが充実しているのがプロミスです。
プロミスだったら借入を内緒にしたい自動契約機設置台数もNo1です。
無利息ローンも振込キャシングも近くコンビニATMも利用できます!
>>[プロミス]の詳細はコチラから確認できます。

[プロミスレディース]

プロミスレディース

女性の方にはプロミスレディースがあります!
借入も返済も便利なサービスのプロミスなら安心してお金を借りられます!
>>[プロミスレディース]の詳細はこちらから確認できます。

「過払い請求後に新規借入できる?ローンを組める人と組めない人の違い」の関連情報